FC2ブログ

H.O.G

H.O.G.(ハーレーオーナズグループ)
fd6439c2-4358-421e-ad2b-b8f02813ebb6.jpg

「H.O.G.」とは「HARLEY OWNERS GROUP(ハーレーオーナーズグループ)」の略称で

『ホグ』
と読みます。

世界131ヶ国、90万人以上のハーレーオーナーをつなぐ

世界最大のライダーズグループ

です。


アメリカのH.O.G.は1983年にスタート。

今年で30周年になります。

main_hog_top.jpg

「H.O.G.」は世界で唯一ハーレーダビッドソン社が運営するクラブになります。

その入会資格は単純明快

「ハーレーダビッドソンのオーナーであること」

だけです。


日本では「H.O.G.ジャパン」が1995年に設立され、現在では約35,000人の会員がいます。


では、「H.O.G.ジャパン」に入会するには?


年会費¥10,000と入会申し込みが必要となります。

ただし、正規販売網で新車購入すれば初年度の年会費が無料になります。

※中古車を購入の場合は半額の\5,000

つまり、新車を購入いただくと自動的に1年間はHOGの会員になっていただけるといる事です。


また、H.O.G.では会員限定の多彩なプログラムによる、楽しみ特典をご用意しております。

その多彩なプログラムは、一度にはとても説明出来ませんので、数回に分けてご紹介させていただきます。

ハーレー純正ヒーテッドウエア その2

ハーレー純正「ヒーテッドジャケット」

16493573.jpg

もちろん、ヒーテッドウエアはジャケットだけではありません。

37195450.jpg
「ヒーテッドグローブ」
グローブ単体でも使用可能。専用のケーブルが付属されています。

ジャケットとの同時使用では袖口に収納されているケーブルと接続して使用します。
20131028_133815.jpg
24821855.jpg
「ヒーテッドパンツライナー」
ジャケットと同様、パンツのインナーとして使用します。

ジャケットから出ているケーブルに接続して使用します。
20131028_133901.jpg

「ヒーテッドジャケット」「ヒーテッドグローブ」「ヒーテッドパンツ」
と三点そろえば、冬のライディングは恐いものなしです!

ハーレー純正ヒーテッドウエア その1

ハーレー純正「ヒーテッドジャケット」

16493573.jpg
ヒーテッドジャケットには「コネクティングハーネス」「パワースイッチ」が付属されています。

20131028_134015.jpg
「コネクティングハーネス」
このハーネスでバッテリーから電源を取ります。
バッテリーに取り付けしておけば、あとはコネクターの抜き差しで接続出来ます。

20131028_133932.jpg
「パワースイッチ」
電源のON/OFFスイッチです。
暑くなったらOFF、寒くなったらONと切り替えます。

ヒーテッドジャケトを購入いただくと、上記の付属品だけでも使用していただく事は出来ます。

ですが、おすすめとしましては「コントロール サーモスタット」も同時購入下さい。

36444391.jpg
「デュアル コントロール サーモスタット」
ヒーテッドウエアの温度調節が可能なスイッチです。

ヒーテッドジャケットはバッテリーから直で繋がっている場合ですと、結構な熱さになります。

スイッチでON/OFFと切りかえればいいのですが、まだ寒さが本格化してない頃や日中ですと頻繁に切り替えをしなければいけません。

コントローラーがあれば、程よい温度に設定しておく事が出来ます。

また、上記の「デュアル コントロール サーモスタット」ですと「ジャケットとグローブ」「ジャケット・グローブとパンツ」と二つに分けて温度調整する事が出来ますので、よりベストな調節が可能です。

→次回に続きます。

ヒーテーッドジャケット

だんだんと寒くなっていく今日このごろですが、これからの季節に出番のアレとは?

電熱ウエア「ヒーテッドジャケット」です。
16493573.jpg


ウエア内には電熱線が縫いこまれていて、車体のバッテリーに接続するとウエア内の電熱線が温めらます。

その暖かさは

「電気毛布にくるまっているような」

「全身にホッカイロを貼り付けているような」

感じです。


冬場にバイクに乗ろうと思うと、どうしても何枚も着重ねる事になるので着膨れしてしまい

モコモコになり、まるでビバンダムみたいになってしまいます。

biblast.jpg

このジャケットは、もちろんそのまま着ても大丈夫ですが基本的にはインナーとして使用します。

今お持ちのライダースジャケットの下に着込んでいただければ大丈夫です。


冬場に軽装で走っているハーレーライダーを見て

「こんなに寒いのに、薄着で寒くないのかな!?」

と思った事はないですか?

おそらく、その方はヒーテッドジャケットをジャケットの中に着込まれています。


着膨れする事なく、ファッションにも気を使えるのもヒーデッドウエアの魅力です。


もちろん、私もヒーテッドウエアを愛用しているのですが、

雪のちらつく中を走っても大丈夫でした。

冬のライディングを快適にするアイテムとしては本当におすすめです。


ヒーテッドウエアは寒さが本格化する頃には品薄になってしまいます。

今の時期からご準備される事をおすすめいたします。

箕面店にも入荷していますので、是非ご相談にいらして下さい。

ご来場ありがとうございました。

10/26・27と開催させていただいた「デモライドキャラバンin神戸」は盛況のうちに幕を閉じさせていただきました。

ご来場いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

会場ではお気に入りのモデルは見つかりましたでしょうか?

店頭にも2014年モデルは多数展示しております。

どうぞ、お気軽に箕面店にもお立ち寄り下さい。

また、気になる事や疑問な事などありましたら、お電話やメールでも構いませんので、どうぞお気軽に箕面店までお問い合わせ下さい。
20131020_193027.jpg

「ハーレーダビッドソン箕面」
TEL:072-726-8883
MAIL:mino@hd-take.com

さて、台風27号・28号が秋どころか冬を運んで来てしまったぐらいに、朝晩と寒くなってきました。

そろそろアレの出番の季節です。

さて、そのアレとは・・・

次回に続く・・・

店頭試乗のご案内

10/26(土)に「デモライドキャラバンin神戸」にご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

10/27(日)も引き続き開催いたしますので、ご都合つく方は是非ご来場下さい。

また、イベントでは試乗会を開催しておりますが、ご都合つかなくてご来場出来なかった方、イベントに来場されたが順番待ちが長くて試乗されなかった方。

そんな方は是非、店頭に来ていただいてご試乗下さい。


現在、箕面店にあります試乗車をご紹介いたします。

20131009_161719.jpg
スポーツスターファミリー
XL1200V 「72(セブンティーツー)」

20131009_161601.jpg
ダイナファミリー
FLD「スイッチバック」

20131009_161532.jpg
ツーリングファミリー
FLHRC「ロードキングクラシック」

※試乗車は大阪店、須磨店、西宮店で定期的に入れ替えを実施しますので、ご来店された時には上記モデルがない場合もございます。
出来れば、ご試乗に来ていただく前に電話にてご確認下さい。

DEMO RIDE CARAVAN in KOBE

いよいよ開催されます。

ハーレーダビッドソン展示・試乗会

「HARLEY-DAVIDSON DEMO RIDE CARAVAN in 神戸」



大型自動二輪MT免許所持者は最新の2014年モデルに試乗できるのはもちろんですが、免許のお持ちでない方でも実際に跨ってハーレーの鼓動感とアメリカツーリングを疑似体感できるコーナーなどさまざまな催しが行われますので、どなたでも楽しんでいただけるイベントとなっております。

→イベントの詳細はこちら


また、台風の接近で荒天を予想しておりましたが・・・
310261-WID.jpg

台風もこのように逸れて行ってくれるようです!

降水確率も劇的に回復しています!

「台風が来るだろうな~」

と週末に予定を入れられなかった方は、是非会場までご来場下さい。


また当店からも販売ブースを設けたくさんのアパレル&グッズをご用意しております。

ご来場いただけましたらぜひハーレーダビッドソンテイクの販売ブースにも遊びにいらしてください。
1396010_565447663523251_814444181_n.jpg

会場ではテイクスペシャル福袋もご用意しております。

1万円の福袋には、2~3万円相当のコットンジャケットにインナー・小物などが入っております。

3万円の福袋にも、8~9万円相当のレザージャケットとインナー・その他入り!

数量限定で、なくなり次第終了となりますので、ご購入を検討の方はお急ぎ下さい。

それでは、会場でお待ちしております。


また、イベント開催中は須磨店、西宮店は臨時休業させていただきますが、箕面店は通常通り営業しております。

イベント会場まで行けない方は是非、店頭にお立ち寄りください。

V-TWINの始まり

ハーレーダビッドソンの代名詞ともいうべきエンジン型式

「V-TWIN(ブイツイン)」

その始まりは1907年に、プロトタイプとしてシカゴ・オートモービル・ショーで登場しました

いくつか問題点のあったそのエンジンは改善を重ね、1909年に量産を開始することになります。

そのモデルの名は

「5D」

his03_b.jpg


この「モデル5D」は1906年に発表された、単気筒エンジン搭載のサイレント・グレー・フェローモデルと比べると、馬力は4馬力から7.2馬力へ、排気量は575ccから810ccへと改善され、大幅なパワーアップを果たしたのです。

この年のVツインモデル(5D)は、27台が生産されました。

1911年には、さらに改良されたモデル「7D」を発表。

モデル5Dよりも大幅に改良され、ハーレーの自信作となりました。

img_018.jpg

このV-TWINエンジンが後の、ハーレーダビッドソンの代名詞のエンジンとなっていき、アメリカンモーターサイクル=V-TWINエンジンという図式が出来上がっていくのです。

ハーレーと世界大恐慌

1929年、世界的規模で起きた経済恐慌「世界大恐慌」
※世界大恐慌とは

その波にハーレーダビッドソンも例外なく飲まれ始める。

2万3989台だった生産台数も1930年1万8036台、1932年に7218台、1933年には3703台にまで落ち込み、設立以来の危機を迎える。

大恐慌は1933年にピークを迎え、失業率は25%を超え、1200万人が失業。
国内すべての銀行が営業を停止する事態に陥る。

2008年に起こった世界同時不況「リーマンショック」によるその後の失業率のピークは10%ほどだったらしいので、その事態の深刻さは想像を絶します。

ハーレー社も大恐慌を切り抜けるため、工場労働者や社員のレイオフを断行し、解雇されなかった従業員の給料もカットしていた。
※レイオフ→一時的な解雇

そんな中、新しく大統領となったフランクリン・ルーズベルトによる「ニューディール政策」により1930年代の半ばには景気回復の兆しが出てきていたが、大恐慌から完全に抜け出すまでには至らず、1930年代後半から第二次世界大戦が激化する1940年代まで不況は続いた。

それでもハーレーダビッドソンは新型エンジンの開発に注力し、1936年に1000ccのオーバーヘッドバルブ(OHV)エンジン「ナックルヘッド」と呼ばれるエンジンを誕生させる。
そのエンジンを搭載したモデル「EL」の発売はハーレーダビッドソンにとって新しい時代の幕開けとなった。
1936EL.jpg
1936 「EL」ナックルヘッド

ハーレーダビッドソンとレース

ハーレーダビッドソンがレースに初めて参加したのは1908年。
創始者の一人「ウォルター・ダビッドソン」が自ら走った。

1914年からボードトラックレースにハーレーはワークスとして出場。
レッキング・クルー(トラック荒らし)と呼ばれたワークスライダーは最大のライバル、インディアンモーターサイクルと熾烈な闘いを繰り広げた。

1930年代に入ると、ボードトラックレースからデイトナ200マイルなど、本格的なロードレースが開催されるようになる。
いかなるレースにハーレーは(プロ・アマ問わず)出場していた。
ハーレーは、ジョー・ぺトラリなどのライダーの手腕により、1935年には13連勝を成し遂げている。

1940年代後半からは、サイドバルブエンジンのWR。WLDRのレーサーが、ダートトラックやTTレースで活躍。
WR.jpg
「WR」
WLDR.jpg
「WLDR」

1950年代になるとKR、KRTTなどがそれまでのWRに代わって出場。
ハーレーは1954年から始まったダートのグランドナショナル・チャンピオンシップで1962年まで毎年優勝した。
KR.jpg
「KR]
KRTT_201310230106059a3.jpg
「KRTT]

1970年、ダートトラックの代名詞ともいえる「XR750」がデビュー。
圧倒的な速さで20年以上常勝マシンとなっていた
XR750.jpg
「XR750」

1976年、当時19歳だった「ジェイ・スプリングスティーン」が、史上最年少のチャンピオンとなる。

1982年以降、ハーレーはワークスとしてのレース活動をほぼ停止。

1983年には、日本勢に席巻されていたスーパーバイク・レースから独立した、BOTT(バトル・オブ・ザ・ツイン)とい2気筒車のみのレースに参戦。
ハーレーはXR750をベースにした「XR1000」で勝利を収めている。
Harley XR1000 87
「XR1000]

1994年、デイトナ200にワークスチームとして復帰。
マシンは水冷DOHC・1000ccエンジンの「VR1000」
AMAスーパーバイクに2001年まで参戦。
HD-VR1000-1994_20131023010604560.jpg
「VR1000」

2003年、V-RODでドラッグレースに参戦。翌年には「アンドリュー・ハインズ」が史上最年少プロチャンピオンとなった。
HARLEY-DAVIDSON MINO

Author:ハーレーダビッドソン箕面
HARLEY-DAVIDSON MINO

大阪府箕面市今宮3-2-12
TEL 072-726-8883
FAX 072-726-8884
URL www.hd-take.com

LATEST ARTICLES
COMMENTS
TRACK BACK
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
QR
QR
ご訪問ありがとうございます。